家で作るハンバーグは固かったりパサパサだったり、
焼き方などうまくいかないこともあるのではないでしょうか。

お店で食べると、ほど良い焼き加減や食感、そしてジューシーなハンバーグだったりしますね。
家で作るのとどこが違うのでしょうか?

都内某レストランのコックとして7年間ハンバーグを焼き続けてきた私ですが、
休日には百枚以上のハンバーグを提供していたため、
とにかく早く美味しく作ることを求められてました。

自宅で作るときに早さは必要ありませんが、
今回はコック時代に気を付けていたことをわかりやすくまとめ、
自宅でもかんたんに作れる、失敗しないコツ」をお伝えしたいと思います!

ハンバーグの焼き方でそんなに変わるの?

おいしいハンバーグの作り方を知りたい!

そんな悩みにお応えします!

自宅でプロのハンバーグを手軽においしく作る焼き方をぜひご覧ください!

下準備

それではまず材料の準備からはじめます。

材料(2~3人前)

合挽肉300g
玉ねぎ中サイズ半分
パン粉15g
1個
1.8~3g
ナツメグ1g(適量)
その他お好みで

※上記はベーシックなハンバーグの材料です。
お好みで分量を変えてみてください。

たねの作り方

まずはハンバーグのたねを作っていきます。
いきなり全部混ぜるのではなく、先に合挽肉をこねて、なめらかにしておくのがコツです。
その後で残りの材料をまぜます。

肉だけをこねる

塩を加えて、粘り気がでるまでこねます。
色はピンク色。ビニール手袋でもいいし素手でもOKです。
夏は木ベラでやると、体温が入りにくく脂分が溶け出して偏りにくいのでおすすめです。

肉は粘り気が出るまでこねる

玉ねぎをみじん切りにする

ある程度細かく刻むのがポイントです。
玉ねぎが大きいと焼いた時に肉汁が流れ出る隙間ができてしまうからです。
刻み方は下の写真のような形で切ります。

繊維にそって切ります。

横にして更に細かく刻みます。

玉ねぎを炒める場合、熱が残っていると肉の脂分が分離して偏ってしまいパサパサの原因になりやすいので、炒めたあと平皿に広げて冷ましましょう。

その他の具材とまぜる

先程こねた肉と、玉ねぎ、パン粉、卵、ナツメグ等を混ぜ合わせます。

硬過ぎず柔らか過ぎず、適度に粘り気がある状態になります。

ガス抜きして少し寝かせる

全体の半分、もしくは小さめに3分の1ぐらいのたねを取り、両手で投げ合わせてガス抜きをします。大体20回程度です。

最初は無理なく上の手から下の手にたねを落とす感覚で、少し慣れてきたら下の手から上の手に投げ、上の手に当たったら下の手に軽く落とす感じが良いと思います。

両手でパシパシ投げ合います

余裕が出てきたら両の手でパシパシ投げ合うと早いです

その後ラグビーボール状に丸めて、縦に置いて30分ほど寝かせます。
(寝かせないでも大丈夫です。)

整形〜焼き上げ

ハンバーグの焼き方のメインです。
ラグビーボール状態のたねを整形しますが、
その整形の仕方にもおいしく作るコツがあります。

フライパンを熱します

油を大さじ1入れ、中火で熱します。
(温度は170度ぐらいにします)

参考記事 鉄のフライパンはお手入れ簡単!どんな料理でも主役まちがいなし! 鉄のフライパンはお手入れ簡単!どんな料理でも主役まちがいなし!

たねの整形

まず手のひらにラグビーボール状のハンバーグを縦にのせ、手で少し窪ませます。

高さおよそ1.5cm~2cmぐらいを保ちながら、フチをきれいに整形していきます。

フチを一周きれいに整形

フチをきれいにすることでヒビ割れをなくし、焼き上げの際にヒビ割れから肉汁が流れ出るのを防ぎます。

上手な焼き方のコツ

まずハンバーグのたねをフライパンにのせます
ハンバーグの真ん中辺りを軽く3回ほど押して、少し窪ませてあげます。

最初はふたをせず3分間待ちます

しっかり3分待つことが焼き方のコツです。
3分経ったらフライ返しでひっくり返します。

※写真は少し焼きすぎですが、ある程度こんがり焼き色が付くようにします。
裏面はふたをして3分間焼きます。

焼き上がりのタイミング

真ん中を少し押して透明の肉汁が出てくるのを確認するのが焼き方のコツです。

まだ透明ではなく少し赤い肉汁が混ざっていたら、ふたをしてもう少し焼きます。
※フライパンに水をほんの少し(大さじ1杯ぐらい)入れて蓋をするとよいです。

プロのハンバーグ完成!

プロのハンバーグの焼き方は以上です。
中から肉汁がたっぷり流れ出てくるジューシーな焼き方です。

ずんぐり俵型のハンバーグにしない理由は、
表面のこんがり加減と、時間によるハンバーグ内部への火の入り加減、ジューシーさ等のベストバランスを考慮したサイズになっているからです。

プロのハンバーグの味をぜひご堪能あれ!

次回は、更においしいビーフ増量ハンバーグの作り方をご紹介します!
お楽しみに!

クックパッドに投稿しました!

料理中のminiレシピとして便利です。
コツなど詳細は当ページをごらんください!

cookpadレシピ 子供にも大人気!プロの贅沢肉汁ハンバーグ

※早くも「つくれぽ」もいただけました!
とても嬉しいです!ありがとうございます!